ゆーぽんの気まぐれニュース

女子が気になる最近のニュース テンションあげてこ!

婚活のリアルな体験談☆私の婚活ダイアリー

2016/11/08


私は今、婚活をしています。

 

地元のおばさま方にもお願いしているし
(いわゆるお見合いおばさんですね)、

婚活サイトにも登録しています。

 

私はお見合いでしか結婚する気がもうありません。


スポンサードリンク





私には有難いことに、
今まで何人かプロポーズをしてくれた人たちがいました。

その中でも2人の男性とは本気で結婚を考え、
それぞれ8年間、
2年間、と
それなりの期間のお付き合いをしました。

でも・・・

 



でも、結局結婚まで到達出来なかったんです。

そのきっかけは、
私の両親が彼らのことを認めてくれなかったこと。

もちろん最後にお別れを決断したのは
私本人です。

ただ、私の家族が受け入れてくれてれば
すでに結婚していた可能性が高いです。


彼らは世間的に安定した職に就いている方たちだったし、
何も問題ない素敵な方たちです。

私は今でも、彼らとお付き合い出来て
幸せだったな、と思っています。

だけど、
結婚するにあたって踏み切れない要素がありました。

それが
私にとっては家族の不賛同でした。

私の両親から見ると
彼らは私の結婚相手にはふさわしくない、
とのことでした。

親バカですよね(苦笑)


だけど、私にとっては
この人なら結婚したい、
と思えた男性たちでした。

その人たちを両親に否定された気分で
もう自分で相手を探してきて
両親にその人をジャッジしてもらうことに嫌気がさしました。

だからと言って、
両親に認めてもらえない男性と結婚する勇気も
私にはありませんでした。

私は彼らのことも
両親のことも大好きです。

だけど彼らの味方をする私は
反対する両親と敵対するような関係しか築けなくなり・・・
それがとてもしんどいことでした。


だから開き直ったんです。

それならもう最初から、
両親が気に入る人と結婚したほうが幸せかも、と。

ちょっと自暴自棄気味に聞こえるかもしれませんが、
家族は変えようがありませんから・・・。

お見合いで知り合ったからといって
恋愛にならない訳でもありません。

私だって、
親が気に入ったからって
自分が気に入らない人とは結婚する気はありません。

両親も、私が気に入る人と結婚して欲しい、とは
願ってくれてるんです。







周りの人に、お見合いしたいから色んな人にお願いしてるよー
と体験談をお話すると
なぜかみんな食いついてきます。

 

「お見合いってどんな感じ?!」

 

んー確かに時代錯誤かもしれないけど、
そんなに珍しいんでしょうか??

 

私は親も周りの親戚もお見合いなので
昔からお見合いの体験談を聞いていて
あまり不思議でもありません。

 


今までのお見合いは、
仲人さんが相手の方の釣書を送ってくれて、
「紹介したい人がいるのよ~。」と電話を頂きます。

母が間に入って仲人さんからお相手の概要を聞き、
「そういう方はちょっと~」とか
「お会いしてみたいです」とか
お返事をします。

 

私の場合は、
「お会いしてみたいです」となった場合にのみ
お相手に私の写真や釣書を渡してもらいます。

そこに書いてあるのは、

・写真

・年齢

・学歴

・家族構成

・趣味

・お勤め

・年収

大抵こんな内容ですね。

これらの情報から、
会ってみたいかみたくないか
考えます。

 

 

つまり、こちらの女性側が先に選んでいるわけですね(o ̄∇ ̄o)♪
女性側のハードルを超えれた人にしか
私の情報は渡さないのです。

 

こういうことやってると、

 

女性って傲慢・・・って思ったりもします。

 

だけど、女性は結婚する相手の男性の生活に左右されることが多大にあるから
仕方ない、と割り切っています。

 

女性は子育てこそ、重大な責任を負う使命だと思っているので(゜д゜)(笑)

 

そうして、仲人さんがお相手に私の写真などを見せた上で
お相手からも会いたいとお返事がくれば
後日日程を決めてお会いすることになります。

 

お会いする当日の体験談はこちら

-婚活体験エッセンス