大殺界と厄年が重なったらどんな過ごし方ならいい?!不幸を少しでも減らしたい!

2020/01/19

こんな方におすすめの記事です!
●大殺界と厄年が重なっていて、不幸なことが起きないかと不安!
●少しでも不幸な出来事を減らすために、大殺界と厄年の過ごし方が知りたい!
●引っ越しや結婚・出産をしたいと思っているのに、大殺界と厄年が重なっちゃった!このまま進めても大丈夫?


どうも!ゆーぽんです!ヽ(*´∀`)ノ

私、珍しく年始に初詣に行ったみたら・・・

なんと、今年から大殺界と厄年が重なって始まるということが判明しましたー!!(;゚ロ゚)

えー!?大殺界と厄年って、重なるものなの?!!
どちらもこれから3年間?!・・・私の人生どうなる?!(;´Д`)

・・・正直、大殺界と厄年のダブルパンチにびびっております・・・

3年間も不幸続きとか絶対いや!(泣)どうにかして、不幸を少しでも減らせる毎日の過ごし方ってないものなの?!(´;ω;`)

ということで、巷に出回ってる見解を探し回って、大殺界と厄年が重なる年の不幸を少しでも減らすことが出来そうな過ごし方をまとめてみました!

あなたも私と共に、大殺界と厄年をなんとかやり過ごしましょ!!(゚Д゚;)


大殺界と厄年の違いって知ってる?

「大殺界」と「厄年」の違いって知ってますか?
大きな違いとしては、それぞれの根拠に違いがあるのです!

殺界(さっかい)は六星占術で、よくないとされる運気の流れ。殺界は星人ごとに違う。占命盤で殺界にあてはまるのは、以下の5つの運気。
・健弱(小殺界)
・ 乱気(中殺界)
・ 陰影(大殺界)
・ 停止(大殺界)
・ 減退(大殺界)

特に、陰影・停止・減退は何を始めるにも何をやるにもよくないとされる大殺界であり、小殺界や中殺界と異なり、3年(または3か月、3日)継続する。停止の前後の年月日は特に注意して慎重に行動するべきとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

厄年(やくどし)は、日本などで厄災が多く降りかかるとされる年齢のことである。科学的な根拠は不確かで、陰陽道由来とされるものの出典は曖昧である。しかし、平安時代にはすでに存在し、根強く信じられている風習である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「大殺界」というのは、六星占術からが根拠となりますが、「厄年」については意外にも根拠が不確かなんです!(*_*;

そして、「大殺界」は12年ごとに巡ってくるのに対し、「厄年」は年齢によって決まっているのでそこも違います。

でも「厄年」の方が日本人の中では根強く慣習として残っているイメージがありますね。
一説には、ちょうど「厄年」に当たる年齢が体調に不調をきたしやすい年齢、という解釈も。

どちらにしても、「大殺界」も「厄年」も「何をやってもやってもうまくいかない時期」「厄災が多く降りかかる年」と、マイナスパワーにさらされる時期という意味では同じとも言えますね(;゚Д゚)

大殺界と厄年が重なる年はどう過ごしたらいい?!

じゃあ、その「大殺界」と「厄年」が重なった年はどう過ごしたらいいのでしょう?
それぞれが訪れる年よりも重なって訪れると思うと、より警戒して過ごした方が良いような気になりますよね!(´Д⊂ヽ
色んなところで見かけることのうち、誰でも出来そうなことをまとめてみました。

「大殺界」・「厄年」の過ごし方① 厄払いに行く

厄年になるとみんな行くのが、「厄払い」ですね。
みなさん厄年になったら、旧暦の正月である「節分」の前までに神社やお寺へ行って祈祷をしてもらいます。
祈願祈祷をしてもらうことで、厄を払い、無事安泰を呼び込めるとされています。

もし、あなたが「大殺界」と「厄年」が重なることで不安に思うなら、ぜひ厄払いに行くことをおすすめします!

実は私は厄払いに行ったことないのですが・・・(;^ω^)(笑)
今回は行こうかと思ってます。

なぜならば、厄払いに行っておくことで

・何か不幸が起きるんじゃないかと怯えることが減るかも?!
・何か起こったときに、「厄払いに行ってなかったからだ!」と後悔するのが嫌。

…と思うからです。

確かに「大殺界」も「厄年」も馬鹿にしてはいけないし、用心することに越したことはありません。
だけど、突き詰めるとどちらも人間の考えたこと。

絶対に心の持ちようは重要です!

だから、そんな意識を持ちつつ毎日を過ごすことが一番大事ということを念頭において・・・

「大殺界」・「厄年」の過ごし方② 感謝し、謙虚に過ごす

「大殺界」と「厄年」を調べると、それぞれの年にうまくいかなくなる理由の一つに、驕りや慣れ、判断の乱れ・・・など、「自分を過信すると痛い目をみるよ!」という記述をよく目にします。

「大殺界」も「厄年」も言うなれば、「自分を見つめると良い時期」

外界へ向けてのアクションは何かとついてない不幸なこともあるかもしれませんが、自分の肥やしを作るための時期とも言えます。

だからこそ、周りに感謝することで謙虚に自分を省みて日々を過ごすのはどうでしょう。

身近なものや人に改めて感謝をすることで、日々のささやかな幸せを感じることができます。

そして、謙虚にひたむきに努力するあなたを見れば、何か不幸なことがあっても周りも手を差し伸べてくれることでしょう。

残念ながらすぐに結果が出るものではありませんが、この3年間で自分自身と向き合って、自分を成長させておくことで3年後の飛躍が期待できますよ!

「大殺界」・「厄年」の過ごし方③ 健康に気を付ける

「厄年」に当てはまる年齢というのは、確かにちょど身体的な不調が出やすい年齢だと言えるかと思います。

そして、「大殺界」の間は「今まで無理が効いていたことも無理が効かなくなる」と言われています。

だからこそ、健康には今まで以上に気を使ってみましょう。

健康を損なうと、気分も落ち込み思考がマイナスに向いてしまいます。
そうなると、余計に「大殺界」と「厄年」に意識がいってしまい、不幸を呼び込んでしまうことにも…。

健康を維持することが出来れば、不幸なことがあっても気分転換出来ますし、再起可能です。

「大殺界」と「厄年」が重なっているからこそ、1番要注意すべきは健康!と思い、いま一度自分の生活習慣や健康を見返して過ごしてみるのはいかかでしょうか。


「大殺界」・「厄年」が重なるとき、結婚・引っ越し・出産はどうする?

正直、どこを調べても

結婚と引っ越しは避けるべき

と書いてあります。

確かに結婚も引っ越しも自分でタイミングを選べる可能性が高いですから、わざわざ「大殺界」と「厄年」が重なって変化を嫌う年にしなくてもいいとも思います。
しかし、結婚となると3年先まで待つのもどうかと思います・・・。

結局のところ肝心なのは、あなたの気の持ちようです。

実は、私は本厄の年に主人と出会い引っ越し、
そして後厄の年に結婚しました(;^ω^)(笑)

でも、主人と出会えてとても感謝していますし、親族みんなとても祝福してくれましたし、毎日楽しくやってます。むしろ・・・

厄年の最中なのに出会えたんだから、それこそ最強のパートナー!!('Д')

・・・ぐらいに思ってます(笑)

冒頭にもお話しましたが、結局は「大殺界」も「厄年」も人間が考えたもの。

これらに振り回されるかどうかはあなた次第です。

出産についても同じです。
「大殺界」の出産はむしろ良いという方もいます。
「大殺界」に出産をすることで、マイナスのパワーをすべて体外へ出してしまうことが出来るんですって!(^_^)b

出産も、奇跡のなせる技です。
「大殺界」と「厄年」が重なるなんてそうそうない時期をわざわざ選んで、その赤ちゃんは生まれてこようとしているのです。

それこそ、まさに強運?!

ぜひ、「大殺界」にも「厄年」にも負けなかった元気な赤ちゃんを産んでほしいなって思います( ^o^)ノ

「大殺界」と「厄年」が重なったときの過ごし方 まとめ

いかがだったでしょうか?
「大殺界」と「厄年」が重なるからと怯えちゃうところですが、突き詰めると出来ることと言えば、

「毎日を丁寧に生きること」

なのかもしれません。

「大殺界」と「厄年」だからこそ、運気は低迷するかもしれませんが、だからこそすでにあなたを取り巻いている毎日を振り返ってみましょう。
そして、次の運気へとパワーを蓄えるのです!

パワーを蓄えるには休息が必要です!

そして物は考え用!!

誰でも大殺界も厄年も来るものなのです。誰にでも悪い時期って波のように必ずあるものですよね。
それが、バラバラに来たらトータル6年も辛抱しなきゃいけないところ、私たちは3年間の1度で済むなんてラッキーかも?!(o^^o)

不安に飲み込まれることなく自分に出来ることをしつつ、この3年間の仕込みが3年後の飛躍につながると信じて毎日過ごしましょう!

-冬の気になるあれこれ